FC2ブログ

ぐちの部屋‐blog館‐

  日ごろの出来事をテキトーに書く内容。 タイトルに反し、ぐち皆無。 時として、埼玉西武ライオンズに偏ったりなブログ

B'z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI- at日産スタジアム(1日目) ライブレポート

2018'08.04 (Sat)

B'z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI- at日産スタジアム
バックスタンド2階 13列213番











セットリスト
1.ultra soul
2.BLOWIN’
-B’zのLIVE-GYMにようこそー!-

3.ミエナイチカラ ~INVISIBLE ONE~
4.裸足の女神
5.Wonderful Opportunity
-MC-
6.光芒
7.月光
-MC-
8.恋心(KOI-GOKORO)
9.OH!GIRL
10.イチブトゼンブ
11.ねがい
-MC-(メンバー紹介)紹介後、松本さん”星に願いを”

12.ALONE
13.LOVE PHANTOM~HINOTORI~LOVE PHANTOM

14.Real Thing Shakes (1番のみ)
15.juice (間奏のコールアンドレスポンスでNATIVE DANCE~太陽のkomachi angelを挟む)
16.BAD COMMUNICATION
-MC-
17.Pleasure 2018 -人生の快楽-

アンコール

1.Brotherhood(後方サブステージ)
2.ギリギリchop
3.RUN

EDSE ひとりじゃないから Theme of Live Gym


ライブレポート
B'zのLIVE-GYMにようこそー!

稲葉さんのコップ裏をカメラマンに見せるも、何も書いてなくて探しはじめる。
シェーンが差し出したスティックも手にとってじっくり見るがそこにも書いてない。
カメラが松本さんに切り替わり、持っているコップを飲むと裏側に書いてある。(過去の紙コップ演出が手の込んだ形で復活)
稲葉さんがそれを取りに行き「それ、俺の!」
からのLIVE-GYMにようこそー!

3.ライブでは初聞き。
5.ワンオポ。まさか聴けるとはコレも初聞き。少し振りあるのは知ってたけど、初見ではムズかった。

5.後MC稲葉さん「暑い中来てくれてありがとう。くれぐれも無理のないように。水とか飲んだりして、無理のないよう楽しんで下さいね。
私は無理しますけどね、仕事ですから(笑) 今日はタイトルのHINOTORIのように、燃えに燃え上がっていきましょー!」

6.コレも初聞き。アルバム曲入れてきたのはリクエスト投票の結果かな。
スクリーンはモノクロの稲葉さん、曲が進むラストで色がつく。前半暗く、ラストで明るくなる壮大な歌詞、曲を表した演出。

7.後MC「最初の頃はPleasureというツアーをライブの度タイトルにつけてきましたが、いつの間にか、それが外れて、節目節目でやるツアーのタイトルになり今回も30周年でついてきました。で、その節目節目でやるような曲があって、恋心っていうですけど……

話途中でいきなり稲葉さん消えた!

スタッフステージへ駆け寄る。

話しながら後ろに下がったのか、中央後方の演出機材を出してる穴に落ちたらしい。

「穴におちたのびっくりしたね。言わないでくださいね(笑) えっと…なんだっけ…まだ動揺してます。
あっ恋心だ。
B'zでは珍しく振りをやる曲なんですけど、それを皆でやろうじゃないか。あっ、さっきなんか振りをしてた曲(ワンオポ)ありましたけど、アレはなんか未完成みたいなモノです(笑)
せっかくだし、ちょっと振り講座をしましょうか。
と、珍しく振り講座開始

「サビと最後は1回目と2回目と最後で違うんで、そこはまぁ周りを見て雰囲気で(笑)自己責任で(笑) じゃあ、いってみよー!恋心、横浜バージョン」
ステージ後方は女性の足のバルーン(コレを下の穴から出してる時にでも落ちたか)
松本に相談部分でスクリーンに松本さんがハートマークに覆われる。

11.歌詞通りに照明の色が変わる

曲後、メンバー紹介、松本さん”星に願いを
12.稲葉さんピアノひきながら歌い、ピアノの上に松本が立つ演出(過去ライブの演出を再現してるのが意図的なのが分かりはじめる)

13.長いイントロを終え、稲葉さんの衣装は白シャツに黒パンツ、そう過去この曲発表されたライブ衣装。ということは?もしかして?で、期待感しかない。

スクリーンの稲葉さんは度々目が妖しく光ったり禍禍しい怪人雰囲気を醸し出す。
曲途中で、ツアータイトル新曲であり新アレンジ?HINOTORIが挟み込まれる。

どういう形かと思ってたら斬新しかない。音源化のときどうなるのコレ?

スクリーンは稲葉さん左右から炎の翼を合わせまさにHINOTORI。
HINOTORI➡️LOVE Phantomに戻り、
曲ラストでスクリーンはミラー状態に変わり、稲葉さんはサングラスをかけマントを羽織り、ステージ上空へ。松本さんはギターからライティング。
そして、伝説のダイブ!

うん。分かっててもビックリする!!

曲後、しばらくしてスクリーンは『spirit loose』ツアーの時のOP映像が流れてからの14へ。

15.でjuice缶のバルーンがアリーナ席へばらまかれる。
稲葉さんコール&レスポンスしながら「juiceの缶を回してください、散らして、後ろの方にも回してください」と呼びかけるも、風のせいか、わりと同じ場所に集中してしまう(笑)

16.後MC
「Pleasure、感じてますかー。

こんなに大勢の人がひとつの Pleasure を感じられるっって滅多にない、すごいことなんですよ。
十人十色といいますから、それぞれの Pleasure、快楽があるでしょう。
皆さん、ふだんの生活のなかでたまっていたものとか、折り重なっていたものとか
そんなものをここで吐き出して、そうするとまた新たなエネルギーがわいてきたりする。
また新たなアイデアが生まれてきたり、元気になれたりする。

それが Pleasure です。
それが、B'zの Pleasure です。
それがあるから、我々、やめられないんです!

そして、それがあるから、生きてて良かったって思える。
そして、それがあるから、あしたも生きていこうと思える。
Pleasure は生命の源なんです。

そして、それを教えてくれるのは、皆さんなんです。
僕たちに、生きる喜びを教えてくれてありがとうございます。
そして、今日は来てくれて本当にありがとーー!!!」

アンコール
後方サブステージに二人が登場。
サブステージでMC
稲葉「B'zは、30周年て事でね、松本さんから一言お願いします」
松本「こんばんはー、30年前にね彼を誘ってB'zという
バンドを組んでいろんな事があったけども
人生の半分以上を彼と一緒にやってきて
ほんと良かったなーと思っています。有り難う」

”Brotherhood”曲ラストから、二人がそれぞれ左右に分かれて外周からメインステージに移動。

移動中、稲葉さん「この曲を作った頃はスタッフとか支えてくれてる人たちに向けて作った曲でした。でも今、時代が変わっていろんなことがあって、We'll be allright歌い続けて、みんなとの大事な曲になりました。」

ステージに戻り、アンコール2へ
ステージ後方にはFC入会してて、ライブチケもってない人が抽選エキストラで参加。

曲がギリチョなんで、ステージ上のエキストラ皆やスタンド一体がタオルぶん回し!

エキストラ演出も過去ライブの再現だったね。


初日はこんな感じ。席はステージ真横延長線上で全体は見ずらかったが、内容は文句なし。
セトリも90年代B'z好きには全体的にたまらないじゃないかな。

光芒だけが少し浮く感じはあるが…。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

リーダー

Author:リーダー
埼玉西武ライオンズを真剣に愛する。

が、しかし、日記は超テキトーな上に、
ライオンズの話題をあまり日記に書かない事でお馴染み。

ブログ内検索

QRコード

QR

FC2カウンター

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

出没先の予定

                   

Twitter

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ